ニュース

佐藤佑介さんらの論文がプレスリリースされました

佐藤佑介さん

発表のポイント:
 分子機械を統合制御するロボットを開発しました。
 このロボットは、DNA分子を認識してタンパク質分子モータの力伝達を
  ON/OFFすることで、アメーバのように変形する活動状態と静止状態とが
  切り替えられます。
 微小な環境ではたらく自動制御分子システムの開発に寄与するものと
  期待されます。


概要:
 博士研究教育院生・佐藤佑介、野村 M.慎一郎准教授らの研究グループはDNAやタンパク質などの生体分子からなる「分子機械」を人工細胞膜内に統合し、変形機構を制御する「アメーバ型分子ロボット」を開発しました。手の届かない微小世界に人間の意志を届けるための基礎研究です。
 近年、化学や合成生物学の分野において、生体分子を材料として用い、センサ(感覚装置)やプロセッサ(計算機)・アクチュエータ(駆動装置)と呼ばれるさまざまな分子機械を作る要素技術が確立しつつあります。分子ロボットとは、これらの分子機械を統合し、協調して人間の命令どおりに動作させる制御システムです。体内などの極小かつ複雑な環境下で精密に命令通りに働くことのできるロボットの実現は、人間の可能性を大きく引き上げる技術として期待されます。
 今回開発されたアメーバ型分子ロボットは、信号を認識してアクチュエータを制御するというロボットシステムを分子機械の統合によって実現した世界初の成果です。本成果をプラットフォームとして、今後さまざまな機能を持つロボット開発が進むことが期待できます。将来的には、細胞レベルでの診断・治療や環境汚染のモニタリングなどへの応用が期待できます。
 これらの研究成果は2017年3月1日に、アメリカ科学技術振興協会(AAAS)刊行の科学雑誌Science Roboticsに掲載されました。


詳細(プレスリリース本文)

博士研究教育院生 小川由希子さんに第7回日本学術振興会「育志賞」

小川由希子さん

平成28年度の第7回日本学術振興会「育志賞」に小川由希子さん(工学研究科博士課程3年、物質材料・エネルギー領域基盤)の受賞が決定しました。
日本学術振興会育志賞は、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な大学院博士後期課程学生を顕彰することで、その勉学及び研究意欲を高め、若手研究者の養成を図ることを目的として、平成22年度に天皇陛下の即位20年に当たり創設されました。
研究教育院生では、平成22年度の内田健一さん、平成26年度の熊谷将吾さんに続き3人目となる快挙です。

小川さんは自身の研究テーマ「新規な組織制御原理による超マグネシウム合金の開発」への取り組みが高く評価され、受賞に至りました。
授賞式は3月8日(水)に日本学士院で行われます。

おめでとうございます。

博士研究教育院生 江川史朗さんに日本古生物学会ポスター賞

江川史朗さん

2017年1月に開催された、日本古生物学会第166回例会において、博士研究教育院生の江川史朗さん(生命科学研究科、生命環境領域基盤)が優秀ポスター賞を受賞しました。
受賞となった発表題目は「実験発生学的観点からの恐竜研究」です。
この発表では、恐竜の繁栄にとって重要であると考えられてきた特徴(恐竜型の股関節)が進化の過程でどのように獲得されたのかという問いに対して、比較発生学・実験発生学的手法を用いて全く新しい観点から仮説を提唱しました。

本研究は、古生物学と発生生物学のクロスオーバーとなる非常に学際性の高いもので、今回はその発表と内容の将来性が高く評価されたものです。

おめでとうございます。

修士研究教育院生 岩田大地さんに国際学会のポスター賞

岩田大地さん

2016年10月に台湾で開催された、地質災害研究の国際学会「5th International Geo-Hazard Research Symposium」において、修士研究教育院生の岩田大地(理学研究科、先端基礎科学領域基盤)さんがポスター発表賞「Prof. Tsanyao Frank Yang Young Scientist Award (Poster Presentation)」を受賞しました。
受賞となった発表題目は「Anomalous atmospheric radon concentration related to earthquakes: Anomaly detection by singular spectrum transformation」です。
この発表では、大気中ラドン濃度の観測データに対して情報科学分野で研究されている異常検出技術を用いることで、巨大地震に関連した大気中ラドン濃度の異常な変動を抽出できることについて報告しました。

この賞は40歳以下の若手研究者および学生の口頭発表・ポスター発表を対象としたもので、今回はその発表と内容の将来性が高く評価されたものです。

おめでとうございます。

博士研究教育院生 櫻井美奈子さんに「七星賞」最優秀賞

櫻井美奈子さん

東北大学大学院医学系研究科開設百周年記念事業として、平成27年度より東北大学大学院医学系研究科女子大学院生奨励賞(七星賞 NANASE Award)が創設され、第一回受賞者及び最優秀者に本院の博士研究教育院生である櫻井美奈子さん(医学系研究科病理診断学分野、生命・環境領域基盤)が受賞されました。

この賞は、優秀な女子大学院学生が自信を持ち、諦めることなく研究者キャリアの道を歩むことを奨励し、医学・医療等の分野で活躍する女性リーダー育成の一翼を担うことを目的として設置されました。「七星賞」という愛称は、北の空に輝く北斗七星のように人々を導くリーダーとなる女性研究者をイメージしています。

おめでとうございます。

博士研究教育院生 坪子侑佑さんに第53回日本人工臓器学会大会の萌芽研究ポスター発表優秀賞

坪子侑佑さん

2015年度11月に開催された、人工臓器分野の国内学会「第53回日本人工臓器学会大会」において、博士研究教育院生の坪子侑佑さんが「萌芽研究ポスターセッション」優秀賞を受賞しました。
博士研究教育院生(医工学研究科博士課程後期3年) 坪子侑佑さんの受賞となった発表題目は「小児用ePTFE製肺動脈弁の弁葉およびbulging sinusが弁機能へ及ぼす影響の基礎検討」です。この発表では、小児先天性心疾患の外科治療に用いられる高分子(ePTFE)製肺動脈弁の設計改良のため、血液循環シミュレータによる医工学評価を行い、改良形状の血行力学的有効性について報告しました。

この賞は30歳以下の若手研究者、医師、臨床工学技士、看護師等の演題を対象としたもので、今回はその発表と内容の将来性が高く評価されたものです。

おめでとうございます。

博士研究教育院生 熊谷将吾さんに「育志賞」

熊谷将吾さん

平成26年度日本学術振興会「育志賞」に熊谷将吾さん(環境科学研究科、博士後期課程3年、生体・エネルギー・物質材料領域基盤)の受賞が決まりました。
育志賞は、天皇陛下の即位20年に当たり、御下賜金を賜り、将来、我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な博士課程学生を顕彰する目的で平成22年度に設けられました。研究教育院生では、平成22年度の内田健一さんに続き2人目となる快挙です。

熊谷将吾さんは、悪天候の1月30日に山谷研究教育院長を訪れ、「この受賞は、研究教育院生としての研究活動が評価されたことが大きな要因と思っているので、真っ先に報告に伺った。」とのお話でした。

おめでとうございます。

ページの先頭へ